第29回ぴぐれっとまつり開催報告

毎年恒例のぴぐれっとまつりを本年も無事開催することができました。

当日はあいにくの天気となってしまいましたが、雨天にもかかわらず多数のお客様にご来場いただきました。限られた時間でのおまつりですが、雨にも負けず、ほとんどの店舗が完売となりました。

ありがとうございました!

 

このおまつりは、職員だけでなく、地域の皆さま、ボランティアの皆さま、イベント出演の皆さま、家族会の皆さまの多大なご協力をいただいて開催しております。

ぴぐれっとまつりにかかわっていただきました全ての皆様に感謝いたします!!

本当にありがとうございました!!

 

  

 

 

| 法人 | 17:49 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
第29回ぴぐれっとまつり開催のお知らせ

本日の第29回ぴぐれっとまつりは予定通り開催いたします。

皆さま、ぜひお越しください!

| 法人 | 07:04 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
平成30年度法人全体研修会

新年度も始まり、春の暖かさが心地よい季節になりましたね。

3月30日(土)法人全体研修会が開催されましたので、その様子をお伝えいたします♪

 

研修会のテーマは「支援とは何か〜私たちに求められるアセスメントの視点と展開〜」です。今までの法人研修会では事業所での取り組みを発表する形を取ってきましたが、今回は、社会福祉法人常成福祉会 岡西博一様を講師にお招きし、講義形式で行いました。常勤・非常勤併せて約80名とたくさんの職員が参加しました。http://img-cdn.jg.jugem.jp/bb0/2412171/20190407_1591954.jpg.thumb.png

 

「そもそもアセスメントとは何なのか?」

「アセスメントっていつしたら良いのだろう?」

 

研修前は、私自身❝アセスメント❞という言葉を知ってはいるものの、深く理解しているかというと自信のない状態でした。

一般的にアセスメントと調べると、

『一般的には環境分野において使用される用語であるが、介護福祉の分野では、介護過程の第一段階において、利用者が何を求めているのか正しく知ること、そしてそれが生活全般の中のどんな状況から生じているかを確認すること。援助活動を行う前に行なわれる評価。利用者の問題の分析から援助活動決定までの事をさし、援助活動に先立って行われる一連の手続き。」と出てきます。

 

少し難しい表現ですよね・・・。

 

支援の中で重要でありながらも、それを捉えて実践することの難しい❝アセスメント❞について、岡西様の講義では冒頭、硬貨を使って(?!)のアイスブレイクからスタートし、会場内はとても盛り上がりました。そして「第一印象で決めつけないこと」「逆に長年の付き合いがあっても意外と相手のことを理解していないこと」をわかりやすく教えていただきました。3時間の講義がアッという間に感じるほど充実した講義内容で、たくさんのお話を聞かせていただき、ここには全て書ききれません!ただその中でも、普段利用者さんと関わっている中での気づきを周りの職員と共有していく事が❝アセスメント❞の大切な第一歩なのだと改めて感じました。

講義で感じたこと、学んだことをこれからの私たちの支援に活かしていけるよう、引き続き利用者さんとの関わりを大切にしていきます。

 

研修後は、参加した職員で集合写真を撮り、懇親会も開催されました♪

 

(GHみなみ風勤務 入職2年目職員)

 

 

| 法人 | 13:56 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
第28回ぴぐれっとまつり お待ちしております。

 

続きを読む >>
| 法人 | 10:17 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
| 1/1PAGES |